月別: 2016年12月

現代がん保険の特徴

ひと昔前までのがん保険と現在のがん保険では、その特徴にかなり開きがあります。これまでに提供されてきた医療保険にも、オプションという特約があり、「がん特約」というものが存在していましたが、現在のがん治療に特化されたがん保険と見比べると、かなり見劣りのするものになっています。現在多くのがん保険では、「がん診断給付金」が存在しており、医師からがんと診断された場合には、一時金として50万円から100万円くらいの保障金が支払われる事になっています。

また、「入院給付金日額 × 100倍」とされ、その金額を受け取る事ができる保障付きの保険などがあります。また入院給付金については、無制限で支払われる事が多く、1日1万円から2万円程度が受け取る事ができるのです。

普通通常の医療保険では、いくら長期入院したとしても限度日数が設定されていますので、これを越えた分については保障が行われません。がんに特化した保険ならば、手術給付金や通院給付金もありますので、短期の入院であっても通院する事で保障が受け取れます。手術給付金は、手術回数に応じて支払われるものや、入院日額給付金の倍率で支払われるという保険があり、がん保険の種類によって保証が変わってきます。

がん保険とは

がん保険と通常の医療保険との違いは、この商品名にあるようにがんだけに特化した保険で、がん以外の保証が無いのがその特徴です。医療保険が多くの傷病に対して保険が適応されるのにも関わらず、がん保険ではがん以外の病気は保険の適応外となりますが、一体それはなぜなのでしょうか。

それは、がんが一般の傷病と比べると、多額の医療費がかかる事が多いからなのです。なぜ多額の医療費が掛かるのか、それはがんが完治しにくい病気であり、長期の治療を必要としているからなのです。

がんは病気の中でも特に難病のひとつで、絶対の治療薬というものがほとんど存在しません。その為にがんにかかってしまうと、長期入院や長期の通院治療を必要とする訳です。がん保険は、こうしたがん治療の難しさに特化して、保障を行ってくれる保険で、通常の医療保険が病気入院の場合に、日数制限があるのに対して、がん保険にはこの日数制限が行われないのが普通なのです。

また、がんにかかると多くのお金が動く事もありますので、がんと診断を受けた時点で大きな診断一時金を受け取る事ができるのです。また、大きな免責事項があるのが特徴で、通常の医療保険にはそうした免責事項は、存在しないのが普通なのです。一般にがん保険は、契約を行ったとしても90日はがんと診断を受けた場合において、保証が受けられない期間が存在し、これを「不填補期間」と言い90日の待ち時間が必要になって来るのです。